フリーソフト

« ルールの例外 | トップページ

終わりに

このドキュメントは、Google C++ Style Guideを翻訳、要約したものです。省略した部分や意訳した部分が多くあります。原文の意図が伝わるよう注意しましたが、誤りが含まれているかもしれません。正確な情報については、必ず原文を参照してください。

前へ | 目次 | 次へ

終わりに

常識を働かせよ、一貫性を持て。

コードを編集するときは、周りのコードを見渡してスタイルを確認すること。if節の周りにスペースがあったら、あなたもそうすべきであるし、コメントがアスタリスクで囲まれたボックスになっていたら、あなたもそのようにコメントを書くべきである。

スタイルガイドはコーディングにおけるグローバルなルールであるが、ローカルなスタイルに従うことも重要である。周りのコードと大幅にスタイルが異なるコードを書き加えると、コードを理解することが難しくなる。スタイルの不連続は避けなくてはならない。

楽しんでコードを書こう!

前へ | 目次 | 次へ

« ルールの例外 | トップページ

技術文書」カテゴリの記事