フリーソフト

« [BCB] TrackBarの白い部分を消す | トップページ | [BCB] デスクトップ作業領域の矩形を取得 »

[Delphi/BCB] manifestファイルの書き方

manifestファイルを使うと、アプリケーションの外観を簡単にWindowsXPのスタイルにすることができます。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
<assembly xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v1" manifestVersion="1.0">
<assemblyIdentity
  version="1.0.0.0"
  processorArchitecture="X86"
  name="CompanyName.ProductName.YourApp"
  type="win32" />
<description>Description</description>
<dependency>
    <dependentAssembly>
        <assemblyIdentity
            type="win32"
            name="Microsoft.Windows.Common-Controls"
            version="6.0.0.0"
            processorArchitecture="X86"
            publicKeyToken="6595b64144ccf1df"
            language="*" />
    </dependentAssembly>
</dependency>
</assembly>

これを、○○.exe.manifestという名前のファイルに保存します。このとき文字コードはUTF-8にします。○○の部分は実行ファイルの名前を入れます。このファイルを実行ファイルと同じ場所においておけばOKです。

Delphi5の場合は、PageControlなど一部のコンポーネントは、うまくスタイルが変更されません。これらに対応したコンポーネントを作られている方もいるようです。

« [BCB] TrackBarの白い部分を消す | トップページ | [BCB] デスクトップ作業領域の矩形を取得 »

C++Builder」カテゴリの記事

Delphi」カテゴリの記事

システム関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。